• お歳暮の時期や送り方

    お歳暮という言葉は、もともとは年末を表す言葉でした。お世話になった人たちに、贈り物を持参してあいさつ回りに行くことを「歳暮回り」と言っていましたが、現在では贈答品そのものを「お歳暮」と呼ぶようになりました。


    お歳暮の時期は、具体的には12月上旬から12月半ば(20日頃)までとなります。
    現在では贈り物を持参して直接訪問することは少なくなり、デパートなどから直接贈答品を送ることが多くなっています。

    お歳暮関しての情報探しに役立つ最新情報の集めたサイトです。

    郵送する場合は、送り状を送るようにしましょう。

    送り状は品物に添えても大丈夫ですが、別々で送る場合には品物よりも先に送り状が届くようにしましょう。



    以前は会社の上司などに送るのが普通でしたが、最近では少なくなっているようです。会社の上司などの仕事でお世話になっている人に限らず、親や兄弟・親戚、友人知人などの仲の良い人など、送る相手は年々幅広くなっています。


    お歳暮にはのしを付けますが、直接手渡しする場合には外のし、宅配便などで送る場合には内のしとなります。直接持っていく場合は、風呂敷に包んでいくのがベストですが、お店の紙袋でも大丈夫です。



    ただ、相手に渡すときには紙袋ごと渡すのではなく、必ず紙袋から出して、相手の向きに品物の方向(のしの向き)を合わせて渡すようにしましょう。

    また、訪問する前に連絡を入れておくとより良いです。お歳暮とは「相手への感謝の気持ち」を表すものです。手渡しでも郵送の場合でも、相手のことを思って送りましょう。