• 大人の教養!お歳暮の贈り方

    お歳暮は日頃の感謝の気持ちを一年の締めくくりとして送るものです。
    早ければ9月下旬からテレビやインターネット、新聞のチラシなどで広告が入り始めます。

    二十代の9割が贈るといわれていますから、国民的な習慣の一つです。お歳暮にもいくつかのマナーが存在します。


    個人的な立場で、日頃お世話になっている人への感謝の気持ちで贈るものがお歳暮です。

    お歳暮の相談ならココです。

    贈る期間ですが、人によって異なりますが、仲人や媒酌人などの場合は最低でも三年間と言われています。



    日毎お世話になっている主治医や稽古事の先生も贈るケースが多いようです。ただ学校の先生や塾の講師、勤務先については、受け取りを断られる場合があります。



    贈り方についてですが、自分好みを押し付けるのではなく、相手の好みや家族構成、年齢、人数などを十分に考慮して喜んで頂けるものを心がけましょう。

    日頃留守にしがちな方に送る場合は、受取日時や時間、贈り物にも日持ちのするようなものを選ぶなど、贈り方にも気を使ってあげることが大切です。


    また贈り物の内容に関してですが、衣類や「貧しいものを着ている」と相手に受け取られてしまい、刃物に関しては「縁を切る」と言われているので気をつけましょう。


    近年は贈り物として定番の「ハム」「ソーセージ」の他に、以前は避けられていた「おこめ券」「図書券」「ビール券」「商品券」などといった金券が喜ばれる傾向があるようです。


    金券を送る場合ですが、「何がお好きか分からなかったので」などとメッセージをそえると相手への気遣いが感じられて良いでしょう。

    贈り物の値段ですが、大体千円から5千円の間くらいで、日頃お世話になっている度合いによって費用に若干差をつけるのが一般的です。

    贈る時期ですが、12月の初旬から25日ごろ迄で地域により若干違いがあるので気をつけましょう。それ以降に贈る場合は、年明けから1月7日までに「お年賀」として贈ります。