コピー機をリースするときに知っておきたいこと

コピー機を会社などで導入する場合にはリースをするという方法があります。コピー機のリースとはリース会社が顧客が希望している機種を顧客の代わりに購入し、その購入した機械を顧客に貸すことです。そのメリットはいくつかありますが、まず初期費用が安いことです。もし、コピー機を購入したとすれば、本体価格やその他インクカートリッジなどの備品を含めても100万円前後かかりますので、この点で大きな違いがあることがわかります。

また、毎月のコストが把握しやすいという点があります。修理代等も毎月の料金にあらかじめ組み込まれていることが多いためです。さらには、経費で計上できるため税金対策になるのです。その一方でレンタルと違い多くの場合5年から6年程度契約しても途中で解約することができず、もし解約をすれば違約金が発生してしまうことになるので注意が必要です。

また、長期的に契約を結ぶと購入するよりも高くなってしまうという点も知っておくべきです。後は、所有権がないということも忘れてはいけません。何年利用しても自社のものにはならないのです。ただ、もし購入することを考えると、長年使ったコピー機は劣化してきますし、数年で型落ちすることが考えられます。

そうするとどうしても価格が下がってしまいます。また、使っている途中で故障する場合がありますが、修理を自社でできない場合には多少費用が掛かってたとしてもリースを利用するほうがよいといえます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です