コピー機のリースによって

今はプリンターもかなり良いものが家庭用なり業務用でしっかりとありますから、安く買えます。しかし、コピー機というのは、基本的には非常に高価です。プリンターとコピー機、というのはかなり明確に違うことになりますから、間違えないようにするべきです。個人はともかくとして、企業においては、どうしても必要になってくる可能性が高い機械の一つです。

ですから、出来れば買うべきですが、高額です。それにリスクもありますから、なかなか購入には踏み切れないところも多いです。それなりの数を用意しないといけないところは特にそうです。それこそ、場合によってはそれだけで数百万円となります。

そこでよいのが、リースです。コピー機はリース業が沢山あります。そして、かなり安く貸してくれるところも多いです。かなり競争過多の状態でもありますから、メンテナンスはやってくれますし、更に言うのであれば、最新機種にその都度、してもらうことができる場合もあります。

購入することのデメリットは、古くなることです。どうしても機械ですから、劣化しますし新しい機能がついたものがどんどん発売されるので、買い時を間違えると物凄く損をします。ですから、リースでそうしたリスクを軽減する、というのは決して悪いわけではないです。むしろ、経営判断としてかなりよいことが多いです。

もちろん、買うことにもメリットはあります。財産となりますし、リース代のようなほぼ固定費がなくなります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です