コピー機のリースサービスを活用する際の心得

コピー機は書類の複写を効率的に行うために不可欠なOA機器で、現在では業種を問わず多くのオフィスの必需品になっています。書類の複写以外にも様々な機能が搭載されている機器が普及していることから、用途に合わせて最適な一品を選択することが可能になっています。コピー機は販売単価が高額な物が多いことから、企業や団体の多くはリース業者と契約して機器を利用するケースが主流になっています。コピー機のリースサービスは機器の性能や業者のアフターサービスによって料金が異なるので、利用目的を考慮したうえで提供サービスを選択することが長く使い続けるための心得です。

また、誰でも手軽に使用することが出来る利便性の高い機器を選ぶことも業務の効率化を進める条件になります。コピー機を含むOA機器のリース契約は月単位や年単位で結ぶのが一般的ですが、使用中の機器の故障や破損などのトラブルへの対処について確認することが大切です。特に機器の不具合が原因のトラブルの場合、損失に対する補償や代替品との交換などのサービスが充実していることが重要なので、リース契約を結ぶ際は単に価格の安さや機器の知名度だけで安易に即決せず、契約内容を吟味したうえで判断するように心がけます。また、コピー用紙やトナーなどの消耗品の補充についても併せて確認する必要があります。

安価なリース契約の場合、消耗品の補充は利用者が負担することが多いので維持コストを考慮して判断します。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です