コピー機をリースするメリットとデメリット

事務所などにコピー機を設置する場合には、購入するかリースにするか迷います。双方メリットとデメリットがありますので、よく検討して選ぶことが大切です。リースのメリットは初期費用が抑えられることです。一括で購入する場合は購入代金を用意する必要がありますが、その様な多額の資金を準備する必要はありません。

また月々の費用は全額経費計上することが出来ますし、固定資産や減価償却などの計算は必要ありませんので会計処理の手間を軽減出来るメリットがあります。初期費用を抑えるならばレンタルでコピー機を用意する方法もありますが、レンタルの場合は最新機種が使えないケースが多いです。一方デメリットとなる点もありますので、事前に把握しておくことが大切です。リースの場合はコピー機の所有権は、あくまでもリース会社にあります。

ですので契約期間が終了するとコピー機を返却するか、再契約を結ぶことが必要となります。また中途解約が出来ませんので、たとえ不用になったとしても残金を全額支払うことが必要です。もちろん所有権がありませんので、売却することも不可能です。また総支払額は金利などの負担が発生しますので、一括購入よりも割高になってしまうことは否めません。

メリットだけでしたら迷う必要はないのですが、このようにデメリットとなる点も幾つかありますので、資金状況や使用状況を勘案して検討することが必要です。開業したり新しく事務所を開いた場合は、出来るだけ費用負担を抑えたいですので、初期費用を抑えられるリースはメリットが大きいです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です