借りた方が得?コピー機のリースサービスについて

書類作成が多い職場で、コピー機は必需品のひとつであると言えます。そのため機能や品質の劣化は業務に関わり、出来る限り新しい機器を使い続けたいものです。しかし購入するとなれば、費用面としては大きな痛手になります。そんな時にはコピー機のリースサービスを利用してみてはいかがでしょうか。

このサービスを利用すれば、毎月の出費を抑えながら新しい機器を利用することが可能になります。リースはレンタルとは異なり、中長期利用を原則としています。コピー機などのOA機器は新しい機能を搭載した新モデルが常に開発されるため、最新モデルを購入したとしても経年劣化は免れません。しかしリースであれば、設定した耐用年数によって新しい機器の導入がしやすくなります。

また毎月の費用もレンタルと比較して低額になるため、浮いた資金を他に回すことが出来るのです。ただしデメリットとして中途解約が出来ないことや、所有権がリース会社にあるにも関わらず保守・修繕義務は利用者側にあることが挙げられます。レンタルの場合は中途解約や保守・修繕義務はレンタル会社にあるため、利用したい期間によっては注意が必要です。また、毎月支払う料金の中には手数料や保険料、金利、固定資産税が含まれています。

そのため支払い総額としては購入よりも割高になることは念頭に置いた方が良さそうです。資金に余裕があればコピー機を購入することも出来ますが、その際は減価償却分のみが損金となるため全額を経費扱いにすることは出来ません。しかしリースなら毎月の契約料金を経費扱いに出来るメリットもあります。コピー機の導入を検討する際には、ぜひこれらの情報を参考にしてみてはいかがでしょうか。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です