コピー機の機能とリース契約

新しく起業して事務所を構える場合、小さい規模の会社でも必要な機器にコピー機があります。コピー機は複合機であり、コピーするだけでなくスキャナーとしても使えますしFAXにもなります。しかし一番重要なのがプリントアウト機能で、重要書類をプリントアウトしてファイリングし、保管しておくために必要となります。また、打ち合わせのシーンにおいて何でもかんでもデジタルで行うという訳にはいきません。

多くの参加者がノートパソコンやタブレットを使っていても、一人でもそれらを持っていなければ資料は紙で用意しなければ不親切になります。もしそういった会議にしたいならば、あらかじめ告知しておかなければならないほどです。その為、まだまだコピー機はオフィスに必須の機器と言えます。コピー機はリース契約で借りることの多いものです。

買い切りでない利点としては、リース契約ごとに最新機種を借りる事が簡単な事が挙げられます。買い切りの場合、頑張って10年使えば元は取れますが後半は型落ちでかなりガタが来ているものを使う事になります。しかしリース契約ならば2年ごとに最新機種に乗り換える事がそれほどコストになりません。多くの会社が必要経費としてコピー機をリース契約しており、ちょっとした業務との相性を考えて最新機種にしたりしています。

これはどちらがいいというものでもないので、自社の業務に必要なのはどちらなのかを考え、導入すると良いかもしれません。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です