企業規模と機能で異なるコピー機のリース料金

コピー機は本体価格が新規で購入する場合、100万円以上することがあるためリース契約を多くの企業が行っています。リース料金の相場はSOHOや個人事務所など1から5名程度の小規模企業の場合、利用頻度の多さも関係しますが平均5、000円程度と価格を抑えることが可能です。リース料金の相場は企業規模で異なり3から10名程度の規模では、10、000円から15、000円程度が一般的な価格帯となり20名以上の規模では30、000円以上が相場です。またコピー機の機能においても料金が異なるため、必要最低限の機能のみの使用であれば安くすることが可能です。

一般的な価格帯において4段カセットとADFやもしくはコピーとプリンター、ファックス及びスキャナーなどの1台4役といった機能を搭載したコピー機が広く使用されています。一般的に価格が高くなる原因は高画質や高速印刷といったオプション機能が加わるためです。さらに料金は月間印刷枚数によって異なり、印刷枚数が少ない場合料金は安くなります。料金の相場としては月500枚程度の場合で5、000円程度発生し印刷枚数が1、000枚から3、000枚程度であれば、10、000円から15、000円程度の発生となり5、000枚以上の印刷の場合は30、000円以上になります。

コピー機の性能で複合機のリース料金の殆どは決まります。印刷速度は1分間におけるA4サイズの印刷枚数がどの程度、可能になるかなど機種スペックの高低によって大幅に変化します。リース料が安くなる理由は1分間に最大20枚印刷可能な複合機の場合、機種のスペックが低く設定されているためといえます。複合機を選ぶ際のポイントは会社、或いは部署の月間印刷枚数を想定することです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です