オフィスに必要なコピー機はレンタルしたほうが良い

ビジネスの現場ではパソコンやタブレットで書類の作成や資料の閲覧ができるようになったとはいえ、紙を使う機会はまだまだあります。そうなると、必要になってくるのがコピー機ですが、家庭用のコピー機とは違い機能が多い複合機だと数十万円はするので、十分な資金がないと買えません。高いけれどもオフィスに置いておきたいならば、どうしたらいいのかということで解決策になるのがレンタルです。レンタルならば、月々の利用料金を支払えば自分のもののように使えます。

購入するのと比べて初期費用を抑えられますから、その資金を重要な事業に回せるので業績の向上にも役立ちます。資金力に乏しい中小零細企業や創業したばかりのベンチャー企業は、それで大いに助けられるでしょう。コピー機のレンタルを利用すると、使っている間に壊れたら保守サービスの修理を受けられます。最初に保守契約を結んでいれば、契約の内容にもよりますが部品を交換することになっても費用を無料にできますから安心です。

しかも、普段から定期的にメンテナンスをしに来てくれるので、未然に防げるトラブルも多いです。そうなれば故障をしてから、修理が来るまでの時間も発生しません。業務が止まることがないので、損失がでることもありません。しかも、コピー機のレンタルをしたときに支払う月額料金は、必要経費として計上できます。

購入したときには資産を増やすことになるので、減価償却分だけが経費となりますしコテ資産税も発生します。そういった税金の扱いを見ても、レンタルした方がお得です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です