コピー機レンタル利用の際は料金の内訳をチェック

コピー機を活用する方法として、購入だけでなくレンタルやリースといった方法も有効的です。特にレンタルの場合は審査などもなく、契約後にすぐ利用することができ好きな時に解約も可能になります。保守契約なども充実しているので、定期的なメンテナンスだけでなく急なトラブルのときでも修理対応なども安心して利用可能です。ただし利用する際は直ぐに決めるのではなく、コピー機レンタルを契約した際の料金の内訳もしっかりチェックすることが重要になります。

通常であれば希望するコピー機の性能やレンタル期間などで料金は変わりますが、重要な点として保守契約の内容になります。保守内容として修理やトナーの交換のほかに、定期的な点検などが含まれます。保守契約内に含まれているトナーの交換費用などが、見積もりの中に上乗せされて形状されている場合も可能性として考えられます。保守契約には種類があり消耗品は別途上乗せで支払う場合と、保守契約料金に含まれてる場合と色々あります。

そのためレンタル会社側でも形状ミスなども起こる可能性もあるので、契約している保守内容と料金形態を把握したうえで料金の内訳は常にチェックすることが大切です。担当者の口頭だけの連絡だけではなく、メールや書面などで契約内容やトナー交換や修理やメンテナンスの日程などはしっかり記録に残るようにしておくと安心です。大きなトラブルを避けるためにも、常に料金はチェックしておく事もポイントとなります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です