コピー機はレンタルの利用がおすすめ

近年は経費節減が謳われている中で、どこの企業もオフィス機器に対しても経費を節減したいと考えています。そのような場合に利用して貰いたいのが、オフィス機器のレンタルです。一昔前まではオフィス機器は会社で購入し、定期的に買い換えたりしていたのが主流でした。しかし昨今はオフィス機器についてはレンタルが主流になっています。

その理由としては、使用者側も機器を貸し出す側にもメリットが大きいからです。まず使用者の方から考えると、オフィス機器の中でも特にコピー機については、使っている間に消耗する部品が多く定期的なメンテナンスが必要です。この度にメーカーに故障を修理して貰うわけですが、交換した場所以外がしばらくすると駄目になってしまったりという感じになってしまいます。保証期間が過ぎれば、修理代はその都度必要ですからあまり効率的とは言えません。

またメーカー側からしても、毎年新しい最新のコピー機を販売しているので、5年もするとそれまでの機器の部品というのは製造しなくなります。結果的にあまりに古いコピー機を使用している会社から、修理依頼を受けると部品がなく取り寄せになってしまったり、そもそも保守員が修理の仕方を知らないという事にも繋がります。このようにオフィス機器のようにサイクルの早いものというのは、機器を購入するよりも、3年から5年のレンタルを利用する方が、賢い上に双方にとって大きなメリットがあるということです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です